みんなのコードの活動支援企業様を募集しております

企業の皆様へ

一般社団法人みんなのコードでは、「公教育でのプログラミング必修化の推進」のために、

1)政策提言
安倍内閣の成長戦略でのプログラミング教育の必修化と連動し、みんなのコードでは
「海外のプログラミング教育の取り組み」「実務に合わせたエンジニア人材の要件」
「学校現場での取り組み」などを総合した政策提言を初期より実施しております。
2016年4月より”小学校段階における論理的思考力や創造性、門外解決能力等の育成と
プログラミング教育に関する有識者会議”の委員を拝命しています。

2)教育機関に対する支援
・プログラミング教育指導者研修会の実施
2015年10月より累計100名以上の学校教員等への指導を実施。
(研修会受講後の上位5名の教員で約2,000名の子どもへのプログラミング教育を実施。)
・日本の小学校で使用可能なプログラミング教材の開発
・コンピューター教育に関する研究大会の開催

3)プログラミング教育の普及/啓蒙活動
・Hour of Codeの国内認定パートナーとしての普及推進活動
2016年5月には「Hour of Code Japan こどもの日1万人プログラミング」として、
100会場以上、10,000人以上での同時プログラミング

を実施しております。

 

支援金・スポンサー企業様を募集しております

プログラミングをすべての子どもに届けることで、次の未来を一緒に作りませんか?

一般社団法人みんなのコードでは、スポンサー企業様・個人様を募集しております。
私たちは、「公教育でのプログラミングの必修化」のために、プログラミング教育の普及啓蒙活動や、
プログラミング指導者の育成、日本の学校で学ぶことのできる教材の開発をおこなっております。
私たちは、まだまだ小さな団体です。
しかし、子どもの未来のために強い想いを持って活動しています。
私たちの活動にご賛同いただける企業様・個人様のご協力を必要としています。

こちらで集めさせて頂く支援金は、「団体の運営維持費」「教材の開発費」「教育機関へのサポート」
に充てさせていただきます。

▼振込先は下記となります。
銀行名:横浜銀行大船支店
口座番号:普通)6159032
口座名義:シャ)ミンナノコード
※振込手数料のご負担をお願い致します。

 

協賛企業様 一覧

協賛企業様には、
・一般社団法人みんなのコードWebサイトへのロゴ掲載
・イベント時の資料/ノベルティの配布
・被災地、ろう学校、児童擁護施設での貴社名義でのプログラミング授業の提供
(貴社社員の指導協力を必須でお願いいたします。)

 

スポンサー0505

 

■お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご依頼内容