みんなのコードのパートナーとなってくださる企業様を募集しております!

企業の皆様へ

みんなのコードは、発足当時より 35社 の企業様からご支援をいただき、活動しています。
教育現場への社会貢献は、単なる慈善事業に終わらないインパクトを持っています。
企業様と教育現場を、あるべきようにつなぐ役割を担うため、みんなのコードでは下記のような活動を行なっております。

1. 教育関係者向けイベントの運営
2. 地域に根ざした企業様との学校教育支援パートナーシップ
3. 教材開発コンサルティング
4. プログラミング教育のノウハウ提供
5. 企業様ごとの強みを生かした思いの実現

次世代のための社会貢献に力を入れている企業様や地域の活性化を試みている企業様など、
プログラミングをきっかけに何か社会に変革を起こしたいと考えている企業様は、ぜひお問い合わせください。


【1. 教育関係者向けイベントの運営】

教材やICT機器、その他学校現場の先生のためのソリューションをお持ちの企業様はぜひご連絡ください。
実際に皆様の製品を先生方に触ってもらい、製品の良さを体感してもらえるような機会を提供いたします。
限られた数のブース展示により、近い将来の学校環境のイメージを、教育委員会の方、自治体関係者、先生方にイメージしてもらうことをコンセプトとしています。


【2. 地域に根ざした企業様との学校教育支援パートナーシップ】

事業を展開している地域での人材育成や地域との関係性の強化に力を入れたいとお考えの企業様はぜひご連絡ください。各地で熱い思いをお持ちの皆様と、ローカルな事情に合わせて先生方をサポートするべく、ご協力できますと幸いです。


【3. 教材開発コンサルティング】

弊法人の学校現場での取り組みから見えてきたものを共有し、学校現場に必要なものはなんなのか、
一緒に考えてみませんか。先生方や自治体の方々が使いやすいと思えるもの、解決したいと思っている課題に寄り添うことで、社会により価値のあるものを提供するお手伝いをさせていただきたく思っています。


【4. プログラミング教育のノウハウをご希望の方】

文部科学省の狙い、プログラミング教育の位置づけ、必修化に際して現場の先生方の抱えている課題などなど、プログラミング教育に関する情報・ヒントをお探しの企業様はぜひご連絡ください。
弊法人はプログラミング教育の基礎的な知識から、現状、今後の方向性まで、幅広い知見を有しております。
皆様にも共有していただくことで、先生方をより手厚く支援できるような取り組みをしたいと思っております。


【5. その他のコラボレーションをお考えの方】

上記にないような取り組みとして、貴社がお考えの社会貢献のスタイルに弊法人の取り組みを絡めることができそうであればご連絡ください。まずはお話をお聞かせいただけますと幸いです。


支援金・スポンサーを募集しております

みんなのコードは子どもの未来のために強い想いを持って活動しています。
私たちの活動にご賛同いただける企業様・個人様のご協力を必要としています。
こちらで集めさせて頂く支援金は、「団体の運営維持費」「教材の開発費」「教育機関へのサポート」
に充てさせていただきます。

▼サポート金額
一口:10万円

▼振込先
銀行名:横浜銀行大船支店
口座番号:普通)6159032
口座名義:シャ)ミンナノコード
※振込手数料のご負担をお願い致します。


■お問い合わせ

ご所属 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

ご依頼内容