みんなのコードとサイボウズ、kintoneを活用したプログラミング教育指導案を無償提供

投稿日: カテゴリー: お知らせ

みんなのコードとサイボウズ、kintoneを活用したプログラミング教育指導案を無償提供
~小学校4年の国語、理科の授業で、kintoneを使ってプログラミング教育~


2018年7月24日
特定非営利活動法人みんなのコード

 特定非営利活動法人みんなのコード(東京都渋谷区、代表理事:利根川 裕太、以下みんなのコード)は、サイボウズ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 青野 慶久、以下サイボウズ)と共同でサイボウズのビジネスクラウドサービス「kintone(キントーン)」を使用した、プログラミング教育指導案を作成し、本日より提供開始したことお知らせします。

 今回の提供にあたり、実証実験として栃木県小山市立城北小学校において、kintoneを活用した授業を実施いたしました。詳細につきましては、サイボウズ株式会社よりプレスリリースが発表されております。合わせてご覧ください。

 2018年7月24日、サイボウズ株式会社発表
 「教科書の単元内で活かせる!プログラミング教育 教育指導案を無償提供

【指導案提供の概要】
 ・配布開始日:2018年7月24日(火)〜
 ・対象:小学校4年生
 ・科目:国語、理科
 ・単元:国語:新聞の作成のアンケート×プログラミングで考える・書く活動を充実
     理科:継続観察×プログラミングで生き物の変化を深く学ぶ
 ・内容:教育指導案(PDF)、kintoneユーザーライセンス

 みんなのコードは、「全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする」をミッションに、小学校でのプログラミング必修化に向け、約10万人が利用する無償プログラミング教材「プログル」や、先生向けプログラミング教育の実践事例集「プロカリ」の提供、プログラミング教育を担う先生方向けの「プログラミング教育明日会議」「プログラミング指導教員養成塾」の開催など、幅広い取り組みを行っております。

 また、次世代のために社会貢献を行いたいという全国各地の企業とのコラボレーションを通じて、みんなのコードが今まで培ってきた、プログラミング教育のノウハウや、教材開発に関するコンサルティングなどの提供を積極的に行っております。

 みんなのコードとサイボウズのプログラミング教育に関する取り組みは、以下をご覧ください。
 「企業とのコラボレーションレポート ~サイボウズ株式会社~

 プログラミング教育をきっかけに社会に変革を起こしたいと考えている、企業のご担当者の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

■NPO法人みんなのコードについて
 団体名:特定非営利活動法人みんなのコード
 代表:代表理事 利根川 裕太
 設立:2015年7月
 所在地:東京都渋谷区渋谷4-5-6 トキワビル402
 ウェブサイト:https://code.or.jp/

以上